あなたは、どちらを選ぶ?

子供なし専業主婦が考える「賃貸」と「持ち家」のどちらがいいのか。
賃貸の「メリット」「デメリット」から老後の生活を考える!

我が家の家事情

現在、賃貸に住んでいますが、結婚当初は家を建てるという選択肢はありませんでした。

もともと私が一人暮らしでアパートに住んでいた事や、夫が結婚を機に実家を出る事になり、自然と2人でアパートを探して今に至ります。

子供が産まれていれば、また意識も変わっていたと思いますが、子供はおらず不自由な事はありません。

当時は貯金もそれほど多くもなく、住宅購入の頭金というよりは、引っ越し資金といったところでしたので、悩んで賃貸にしたのではなく必然でした。

それが今では、購入予定ではなく希望ですが、年月が経つにつれて徐々に、持ち家が欲しくなってきました。

不自由はなくても賃貸なりのメリットデメリットがあります。

賃貸のメリット

管理費を払う事がありますが、修繕修理を不動産、もしくは大家さんが行ってくれるので、業者を探したり、電話をかけて段取りを決めたりと自分でおこなう手間がないです。

夫の収入が不安定の場合や収入が落ちた時に、引っ越し資金さえあれば気軽に安い賃貸へ引っ越しをして、生活水準下げる事ができます。

お隣さんやご近所さんと揉めてしまった時も気軽に引っ越しができます。

今はペット可の賃貸も増えているので、ペットが飼えないという事はないですし、もちろんファミリー向けの賃貸もありますので、自分のライフスタイルに合わせて選べます。

子供がいないと、将来「孤独死」がつきまといますので、2人で元気なうちは賃貸で資金を貯めて、老後に施設等に入居するという選択肢もあります。

お給料など収入があるうちは、家賃を身の丈に合った金額で賃貸を探せば、家賃で生活が圧迫されることもありません。

メリットだけではありませんね。

ずっと賃貸に住む事を考えたら、どんなデメリットがあるのか。

賃貸のデメリット

「現状維持」「原状回復」が基本なので、壁に穴を開けたり、壁紙を張り替えるなどは出来ないですから、模様替えにも限界があります。

私は賃貸アパートなのですが、壁や床の薄さを感じます。自分達が発している音もそうですが、お隣や下階や上階の物音はとても気になります。

当たり前ですが、何年も何十年も家賃を支払い続けても、持ち家になる事はありません。

それが退職後、老後もずっと続くのかと思うと少し怖いです。

どれだけ貯蓄が出来るかにもよりますが、貯蓄と年金で生活費に加えて家賃も支払い続けていけるのか、という不安は残ります。

メリット、デメリットをみて、自分ならどちらがいいのかを考えてみると、しっかりと将来(老後)を見据えてからの判断が良さそうです。

あなたなら、どちらを選びますか?

将来を考えた時にどちらを選ぶか

私なら小さくても平屋の持ち家を選びます。

昔は「子供がいないのに持ち家なんて」と思った時もありましたが、施設に入る事を考えても、かなりの貯蓄が必要です。そして私の性格上、年老いてから人に気を使って生活するのは、かなりキツイです。

老後に毎月の生活が苦しくなるくらいなら、働けるうちに私もパートなど仕事をして、住宅ローンを返していった方が、老後に持ち家でゆっくり過ごせます。

固定資産税などの出費は出てくるものの、ローンを完済した老後であれば、貯蓄と年金で生活出来ると思います。子供がいないので、教育費などの出費はありませんからね。

老後の為に、若いうちに苦労するもいい経験になりますし、「現状維持」「原状回復」の縛りがないので、最初からバリアフリーにしたり、リホームも出来ます。

老後を考えた時に「賃貸と持ち家のどちらがいいのか」をしっかりと考えて、人生設計をしませんか?

まとめ

子供がいなくても、老後の生活を考えると持ち家の方ががいいです。

賃貸のメリット、デメリットをみた時に老後の生活が厳しいものになる事が想像できるので、早めに計画を立てて、ゆとりのある老後を手に入れましょう。

まだまだ我が家は未計画ですが、迅速に夫と話し合いをして実行に移します。