旦那への依存。
二つのパターンがあるの知ってますか?

《旦那から支配されたいパターン》

私をずっと愛して欲しい‥
私だけを見ていて欲しい‥
毎日愛情が欲しい‥
貴方をいつでも感じていたい‥

《旦那を支配したいパターン》
私が決めた事は絶対に守って!
私に黙っての行動はダメ!
一日何分しかゲームはダメ!
プライドが高い女性

あくまで、私なりの考えですが
依存するとは、このような感情があるかと思います。
ちなみに私は、出会い初めは最初のパターン。
結婚してからは、後のパターンです。
相手が年下というのもあるんでしょうが‥
今回は《依存》についてお話していきたいと思います。

どんな状態を旦那に依存していると言うのか

旦那の事を一秒足りとも頭から離れなくなった時‥それは依存です。

旦那への依存。依存するという事は
特定の人(あるいは物)へ対しての執着心が人並みを外れているという事です。

だいたい依存してる人は、人から言われても自分は依存してない!と思っています。それが依存です。

旦那へ依存しているという事。

それは、過去に男性へ対して何か辛いことや苦しいことがあったのだからだと私は思います。

旦那へ依存する。決して依存することはダメな事じゃありません。

良くいえば、一人の旦那へ対して一生懸命に愛情を伝えているから。
悪くいえば、旦那へ対しての感情が重すぎて相手に負担がかかる。

そんな依存症が、これからずっと続くとしたら‥
そんな、依存している私を、ずっと愛していってくれるでしょうか?

夫に依存し続けるとどうなってしまうのか

夫依存

依存されすぎた旦那がずっと私と一緒にいてくれるのか‥

旦那への依存。

私の場合、最初は猫をかぶったかの様に旦那へ精一杯尽くしてきました。

尽くし抜いた時、旦那は私から離れていかないだろうと思った時、そこで
可愛らしい自分はいなくなり、次は旦那を支配しようとしていました。

支配というか、私が何でも決める。亭主関白ならぬ、かかあ天下のような感じだと思ってください。

それが崩れた時、私は旦那へ対しての愛情が一瞬にして、怒りへと変わります。

やはり旦那も男です。いくら優しい人でも主導権が妻だと、結婚生活は居心地が良くないと思います。

それでも私は変われなかったのです。

それは依存から始まった現実‥
依存をされすぎると、相手は窮屈になり
いつも縛られているという観念から、逃げ出したくなります。

もう、その時には遅いのかもしれません。

私は依存しているのは、自分で自覚していました。
昔の彼氏とかに、必ず言われていたのが
「重すぎる」だったからです。

浮気されなかった事なんてありませんでした。
私は薬が飲めないので、自分なりに依存症を治していこうと必死でした。

その結果、自力ではなかなか難しいのです。

旦那から自立する方法

私が旦那から自立する事を決めた時

私は依存を自覚していると言いました。
やはり、辛いんです。

相手を支配したり、縛り付けたり、本当はしたくないのに、そうしてしまう。

そんな自分が嫌いで仕方ありませんでした。

このまま私と一緒にいたら、旦那の人生を壊してしまう。仕事だって昇進できなくなるかもしれない。

そう思った私は、依存しているからこそ
相手の事を考え、自由にさせてあげようと
苦しい気持ちを抑え
《私は旦那から自立していかなきゃいけない。》
と決意しました。

依存から脱出する事は難しい事も沢山あります。
依存する人がいなくなればいいんじゃないか?

依存される方の事も考えてみよう。

そう思える事ができた時、少しは気持ちが楽になるかなと思います。

依存とは何かの原因があるから
依存していくんだと思います。

私の中の依存のイメージは決して嫌なイメージはありません。

依存できる程、人を好きになれた。

相手には重いかもしれないけど
その時の自分は純粋な気持ちだった。

依存という言葉になってしまったが
人をこれまでも愛せたことに自信を持てた。

その時の自分は好きだった。

依存により、気付いた事も沢山ありました。

 

まとめ

旦那への依存についてお話をしてきましたが、依存する事は、その事だけに集中できる。という、素晴らしい感情だと思います。

でも、気を付けてください。

何か一つの事に依存する。という事は
何か興味をもった事に対してハマってしまう事なので。
なので、私は、ギャンブルには一切手をつけません。

ハマってしまう(依存してしまうのが怖い)ので。
依存して良い事も沢山ありますし。

依存症だなと気付いた時。もしくは他人から指摘された時。

一人で悩まず、まずは、誰かに相談してみてください。