「同居って本当に気疲れする!」

「実家に帰ってゆっくりゴロゴロしたい!!!」
「何もせずに自分の時間を取り戻したい!!!」

しかし!毎日帰るわけにもいかず・・・
実家に帰ることは悪いことではありません。

けれど、実家に帰るのに何故か義理両親に後ろめたさを感じませんか?

気を使わずお互いが自然体になれればいいですよね。

そこで私の経験をヒントにどのぐらいの頻度で実家に帰るのが良いのか、お互い嫌な気持ちにならずに実家に帰る方法などを紹介します。

週に1回実家に帰るのはアリかナシか

まずは、実家との距離にもよりますよね。

私は車で30分ぐらいでした。
正直、週1回で帰るのは私的にはアリと思います。

普段は仕事があったので帰ることはありませんでしたが、週末は泊まりに帰ったりとかよくしてましたよ。

おまけに私の場合は、主人が土日が泊まりの仕事が多かったんです。

義理の両親ではなくお姑さん1人だったので、お姑さんも1人の方が楽かなと…勝手に考えてよく実家に足を運びました。

そしたらいつからか…
『また、帰るん?』『今日も帰るん?』
と言うわれるようになりました。

せっかく家族になったのに、お姑さんからしたら寂しかったのでしょうね。

その時はなぜか、イラッとくる言葉でしたが、帰りすぎ?と私も考えるようになりました。

それではどのくらいの頻度で実家に帰るのがいいのでしょうか?

実家に帰るのはどのくらいの頻度が最適か

嫁帰る

私は、イラッとさせられる言葉を聞くのが嫌だったので暫く実家に帰るのを辞めました。

週末のお姑さんとの食事なんかは気疲れもするし、弾む会話もすくないですがそれなりに時間は過ごせました。

自身の親とは全く違いますが、料理が好きな人でだったので教わる事は沢山ありましたね。
気が付けば、1か月ぐらい実家に帰ってませんでした(笑)

そうすると今度はお姑さんが、
『最近、実家に帰らないけど…大丈夫??なんかあったの?』と心配してました。

帰れば、『また!?』帰らなければ『どうしたの?』本当に難しいですね。

そんな時、いつも思うのが実家が近いのは少々考え物かなと。
県外から嫁いでさえいれば、実家に帰るタイミングも日数もほぼ定期的でベストなんだろうなと思います。

その分、気安く用事をお願いしたりとかは難しくなりますがやはり実家近くで頼れる親がいてるのはありがたいことです。

もちろん、お姑さんもありがたい存在なので、両方の親をたてながら私なりに自然に

尚且つ、気持ちよく実家に帰る方法を考えました。

義両親の機嫌を損ねずに帰る方法

先ずは、『実家に帰るね』と口にする事を辞めました。
『ちょっと出かけるね』みたいな感じです。

毎回、1人で出かけるのも気がひけるので、お姑さんを買い物に誘ったりもしましたね。

私なりに、機嫌をとる訳ではないですが自身の親にしてあげる普通の事を同じようにしてあげようと考えました。

また、反対に気を使うのを辞めました。
これが1番難しいとこなんですがこの先長いのに、ずっと仮面をかぶれません(笑)

寝たいときは寝る!!
遊びに行きたい時は遊ぶ!!
お願いしたい事も頼む!!

 

上手く付き合っていきたいから考えるんですが、考える事自体がおかしいんですよね。

お姑さんも家族になったのですからちゃんと家族のように接すればいいんだ!と気づきました。

まとめ

私としては、お姑さんもお義母さんです。
そこを勘違いしてたかもしれません。

主人の母と見るから疲れるんだと…

とくに年配の方は頼られると喜んでくれます。
甘えると頑張ってくれます。

だから、自分の親と同じように、なんでも甘えればいいと思います。

たまには、実家と別々に対応する事を辞め、お姑さん・お母さんと3人で一緒にご飯とか
出来れば益々、家にも帰りやすくなりますよ。