[char no=1 char=”夫”] 「家事は女がするもんでしょ?」 [/char]

「なに~!じゃぁ、あんたはもっとちゃんと稼いできなさいよ!!それがあんたの仕事でしょ?」

という心の叫びは置いといて、

家事は女の仕事だと思っている夫はこの世の中に何人もいるでしょうね。[br num=”1″]
そんな中でも朝から晩までせっせと家事をこなす私もあなたも偉い!!![br num=”1″]
でも夫にも少しくらいは手伝ってほしいですよね。[br num=”1″]
私の夫も基本は家事をしません。[br num=”1″]
他の家庭の旦那さんはどういう感じなんだろう?っていつも思うのですが、家事・子育てに率先して手伝ってくれる旦那さんいいなぁ~。[br num=”1″]
どんな時に私の夫は家事を手伝ってくれるのか、どうすれば家事をしてくれるのか、 夫に家事の大変さを分かってもらう方法について書き綴っていきます。[br num=”1″]

妻の一日~家事から始まり家事で終わる~

私たち妻は朝起きてから家事、寝る直前も家事、仕事をしながらの家事って本当に大変ですよね。[br num=”1″]
一日のスケジュールを円グラフで表すなら仕事と家事が半々になる奥様も多いはず。[br num=”1″]
子供がいる家庭なら毎朝が戦いのようにめまぐるしく忙しい時間でしょう。[br num=”1″]

そんな妻の大変をよそに夫はというと…

 

  1. 朝起床後、私が用意したご飯を食べる。
  2. 出勤、夕方残業もなく同じ時間に帰宅。
  3. 入浴後に私が夕飯の用意をしている間、自室でのんびり読書。
  4. その後テレビを観ながら夕食、平気で「これまずっ」と料理をけなす。
  5. 夕食後テレビor自室で読書。
  6. 21:00過ぎ就寝。

「おいおい、1人の時間がいっぱいだな。独身気取りか・・・?」

毎日こんな感じで過ごしていて、手伝おうという気持ちが微塵も感じませんよね。[br num=”1″]
小さいころから悠々自適に過ごしていた夫なので、結婚前から諦めていたんですけどね(笑)[br num=”1″]
私がご飯作っているときに子供が泣き出したりしても、

「泣いてるよ」

子供のお世話をしている最中でも、

「○○取って」

「子供が2人いるなかで私が大変そうにしていたら少しの気遣いくらいしてくれたって罰当たらないだろ!」

って言いたいですけど言ってやるようなタイプではないので一人黙々とこなしていますよ~

ま、これがいけないんでしょうけどね。
やってくれるのが当たり前に思ってるからたまにはやるように言わないとな、とこれを書きながら反省している次第です。

そういった日々を過ごしている中で私がこうしたら夫は手を貸してくれると分かったことがあります
[br num=”1″]
旦那さんそれぞれの性格にもよることですが、わからないところでかる~くてのひらで転がしているような感覚です(笑)
[br num=”1″]
その内容をあなたにもご紹介しようと思います。
[br num=”1″]

夫に手伝ってもらうには夫の性格を利用してみるべし!

夫家事

うちの夫は楽しいことがあったとき、お出かけ前のワクワク時、妙にテンションが上がります。[br num=”1″]
そんな時にちょっとしたことをお願いをするとほいほいとやってくれます。

「窓開けて~」
「はいよ」

「ちょっと子供抱っこしてて~」
「はいよ」

「これ持ってて~」
「はいよ」

「はいよ」の一言でお手伝い。[br num=”1″]
うちの夫は気分の良い時悪い時がはっきりしているので、気分の良い時を見計らって私もあれやこれやとお願いしています。[br num=”1″]
そして、人前でいいかっこする夫。[br num=”1″]
そんな時は自分から荷物を持ったり子供の面倒を見たり、見てておかしくなるほど家と外じゃ変わります。[br num=”1″]
家にいるときでもそれぐらいやってよって言いたいですが、不器用な夫なりにしてくれることに感謝をして、文句は言いません。

うちの夫と同じような性格の夫を持つあなたにはぜひ、夫の気分が上がっているときに手伝いを頼んでみるといいですよ。[br num=”1″]
夫が家事を手伝わないのは、普段してくれてることへの奥さんへの感謝が足りないからです。[br num=”1″]
感謝していたらたまにでもしてくれます。[br num=”1″]
何かきっかけがあれば、、と思うところですが、手っ取り早くいうなら自分が家事をしないこと。っていっても何もしないわけにはいきませんよね。[br num=”1″]
そんなときには…。[br num=”1″]

夫に家事の大変さを分かってもらう方法

夫に簡単に家事の大変さ、奥さんの大変さを分かってもらうには奥さんが家事をお休みすればいいのです。[br num=”1″]
そう、家を空けましょう!笑[br num=”1″]
家出ということではなく、しばらく実家へ帰るとか、友達と旅行に行くとか、泊りがけは難しいという時には、朝から晩まで子供を夫に任せておでかけをするっていう手もあります。[br num=”1″]
全く家事をしない夫なら1日だけでも効果はあると思いますよ。[br num=”1″]

 

我が家では子供の産後入院の時には全部夫に家のことはしてもらいました。[br num=”1″]
一人目に関しては出産前に2週間入院していたのでその間の家事もしてもらいました。[br num=”1″]
先に洗濯機の使い方やご飯の炊き方も全部紙に書いておいたりして。[br num=”1″]
でも洗濯物の干し方まで教えていなかったから帰って見た時には洗濯機から出した状態のまま干してたので、しわっしわに乾いて干されていました(笑)[br num=”1″]
それぐらい家事のかの字も知らない夫でしたが、よくやってくれたと思います。[br num=”1″]

 

入院中にはしょっちゅう
「いつ帰ってくる?」
「これはどうしたらいい?」
なんてことばかり言ってて、子供か!と言わずにはいられませんでした。

夫にあなたの大変さを知ってもらういい機会になると思うので、家事と子供ともども夫に丸投げにして羽を伸ばしましょう。

 

まとめ

イクメンパパ、家事に協力的な旦那さんを目の当たりにすると、自分の夫がいかにダメ夫
なんだと痛感することが何度もありますが、ダメ夫なりにしてくれることもあると思います。[br num=”1″]
あまり期待はせずに小さいことから手伝いをさせてみてください。[br num=”1″]
まるで子供にお手伝いをしてもらうかのように…。

 

 

そう言っている今まさに夫が脱いだ靴下をテーブルの下に投げました・・・。

ちなみにさっきはコンビニの袋をくしゃくしゃにして投げていました。

「おい!!!そこは収納じゃないって何度も言ってるでしょ!!?」

我が家はまだまだ時間がかかりそうです・・・。