子供褒め方

上手に子供を褒めたい!
私は、怒られながら育ったのでたまに褒められたら嬉しかったです。[br num=”1″]
しかし、今は褒める事が常のようになっていますよね。[br num=”1″]
褒めることも毎日・毎回であれば慣れてしまうような気がしませんか?[br num=”1″]
親からしても怒るより子供を褒めてあげたいです。
けれど、何でもかんでも褒めていくのもどんなもんかと。[br num=”1″]
子供を伸ばすためにも、
褒め方を色々考えてみました。
私流の褒め方の使い分けを紹介しますね。

子供が褒めて欲しい時の言葉

先ず、子供を褒めてあげるのにもパターンが数えきれないぐらいあると思います。[br num=”1″]
子供から率先して、
『ママ!あのね、今日学校で、僕表彰されたんだよ!!』と言われたら

『凄いねぇ~!!頑張ったんだね。次も挑戦してみようね。』
子供から報告してくる、良い出来事に関しては必ず次もと伝えています。[br num=”1″]
なぜなら、今回だけでなく継続をしてもらいたいからです。[br num=”1″]
それに、子供自身が嬉しくて報告してくるのですから、意欲が沸いてるうちに次への頑張りを促します。
子供も必ず、『次もがんばるね!!』と言ってくれます。[br num=”1″][br num=”1″]
『今日、先生に〇〇して褒められたんだよ』
などどんな内容でも同じです。
『次も頑張ってみようね』と必ず最後に言いますね。

子供もニコニコとびっきりの笑顔になります。

けれど、毎日のようにママ褒めてえぇ~の攻撃に疲れる時もあります。

もちろん子供の笑顔も頑張りも認めてやりたいし、褒めてもらいたい!と思う子供の気持ちも十分に分かります。[br num=”1″]
しかし私からしたら、
何でも褒めてやっていいのかな?
と考えたりもします。

悪いことではないんですがね。[br num=”1″]
けれど、親として凄い褒めてあげたい事がありました。

私が褒めてあげたい時の言葉

私が子供を凄く褒めてあげたい出来事が何度かありました。
1つは、学校の帰り道でハンカチを拾ったそうです。
名前を見て同じ学校の子だったから家まで届けたそうです。[br num=”1″]
その日の夜にその子のお母さんから、
電話をもらい挨拶をきちんとしてわざわざ届けてくれた事を教えて貰いました。[br num=”1″]
もちろん子供は何も言いませんでしたが、
電話で報告を受けた時は嬉しかったです。[br num=”1″]
聞いた後は、子供に抱きついて褒めましたね。
『凄い!!優しいね。当たり前の事なんだけど、なかなか出来ないよ。ママは聞いて嬉しかった』

子供はビックリしてましたけど照れ笑いで喜んでました。[br num=”1″]
また、学校の面談なんかで、友達を大切にしてるとか、勉強にがんばってるとか!![br num=”1″]
普通の事がきちんと出来ているのを聞いたら、褒めてやりたいですね。[br num=”1″]

私は親として、忘れがちな小さな事でもできているのが嬉しいんです。[br num=”1″]

『ママも嬉しい!!』
私が褒めたい時は、必ずこの言葉をつけます。[br num=”1″]

なぜなら、本当に嬉しいのと子供からしたら、自分の頑張りで家族まで嬉しくなるんだ!と思って欲しいからです。
[br num=”1″][br num=”1″]
褒めるって簡単なようで難しいですね(笑)
私は怒ることの方が簡単です。[br num=”1″]
褒めるんだけれども褒める言葉にも大変気をつかいますよね。

使わない褒め言葉

子供褒め方

私が1つ気をつけているのは、
『やればできる!!』って言葉です。[br num=”1″]
ついつい、やればできるんだね!と言いそうになりますが言いません。[br num=”1″]
なぜなら、前に子供に、
『やればできるんだね!』と褒めたつもりが、
『やらなくても、できるもん!!』と返事が返ってきました。[br num=”1″]

それを聞いて、何か変な気分になりました。
まるで褒めないときは子供が頑張っていないかのようで。[br num=”1″]
それ以来、使わない様にしました

まとめ

改めて考えたら褒めるって難しいですね。[br num=”1″]
ただ、子供も喜ぶからと何でもかんでも褒めていいとも思いませんし、悪い事とも言えないです。[br num=”1″]
けれど、子供は褒めて欲しくて頑張るんですよね。
頑張る子供の姿は、カッコいいです(笑)[br num=”1″]
私なりに、小学生のうちは、親ばかになり褒め続けて行こうと思います。[br num=”1″]
中学・高校になると、量より質にて、本当に肝心な場面で忘れずきちんと褒めてやりたいなと思って居ます。